健康長寿を願うなら、フード選びが大切です。
愛するペットの体調不良は、飼い主様が選んだフードが原因となることもあります。体調不良がある時、獣医師の診察と適切な治療が必要となりますが、同時に今与えているフードを見直すことも必要となるでしょう。その時のフード選びは、当病院にお任せ下さい。

病気を治すには、その病気に対して処方される薬があるように、フードにもその病気に適応したフード(処方食)が用意されています。

また獣医界においても、補完治療の一環として、ペット用に多種のサプリメントが用意されています。サプリメント選びも当病院にご相談ください。

ドッグフード・キャットフード

食事アレルギーについて

ワンちゃんが痒く(かゆく)なる原因は様々あります。
痒みの原因のひとつに、食事アレルギーというものがあります。
ロイヤルカナンかゆみリスト

画像引用:ロイヤルカナン社提供資料

原因となりやすい食材としては牛肉、乳製品、鶏肉、小麦などがありますが、どのような食材でもアレルギーの原因となる可能性があります。

除去食試験

当院では食事アレルギーの探索に除去食試験を実施しています。

除去食試験とは現在食べているフードを限られたタンパク質もしくはアレルゲンにならない大きさに分解したタンパク質を使ったフードに8週間変更し痒みの改善があるかを調べる試験です。

試験後に症状の明らかな改善が認められた場合は、以前食べていたフードなどを最長2週間与えます。これにより症状が再燃する場合に食事アレルギーの診断を下します。

除去食試験の流れ

画像引用:ロイヤルカナン社提供資料

食事アレルギーと判明したワンちゃんにはアレルゲンの入っていないフードを選びます。
食事アレルギーに対応したフードはいろいろな種類が販売されていますので、それぞれのワンちゃんにどのようなフードが一番良いか、一緒に選んでいきましょう。