当院は、獣医師の院長と受付助手の2人でアットホームに診療しております。

院長 三宅 慶一

みやけ動物病院院長の三宅慶一
趣味:野鳥生態観察

京都北山で開院して、半世紀を迎えようとしています。
皆さまのおかげをもちまして、長い間、地域医療に貢献してまいりました。
この間、特に最近の獣医療は著しい進展を遂げ、高度化・多様化してまいりました。
このたび令和2年からは、より良い病院に生まれ変わるため医療機器の更新をし、診察治療については、より近代的な医療技術をもって臨みます。

院長とスタッフには、動物に対する愛情が一杯あります。多くの動物の飼育経験があります。このことは、動物の生活(行動)を観察し、体調の変化(病態)にいち早く気付く能力を持つこととなり、病気発見が素早く的確にできるということになります。

当病院は、近代的な医療体制、ペットに対する愛情とペットの一般状態の観察眼とをあわせもって、皆様の大切なペットのホームドクターとして、飼い主様お一人おひとりのニーズに対応して最良かつ優しい診療に臨みます。